訪問を歓迎するアムール川省農業墾植宝泉岭溢れる祥新エネルギー材料有限会社の!

熱線を販売する:0468-697022

天然鱗状黒鉛  黒鉛の用途 球状黒鉛 負極材料

検索する
>
>
>
グラフェンの発展の最大のチャンスをつかむ

アムール川省宝泉嶺農業開墾溢祥黒鉛有限公司     住所:アムール川省鶴崗市洛北県黒鉛工業園区       電話:0468-6970222       ファックス:0468-6970005

ニュースセンター

グラフェンの発展の最大のチャンスをつかむ

公表時間:
2019/06/04
ページビュー数
グラフェンの発展の最大のチャンスをつかむ
 
1、2008年から2010年にかけて欧州連合(eu)はグラフェンのナノ電子デバイスプロジェクトを発表し、2013年にグラフェンを「未来の新興旗艦技術プロジェクト」に含めることを発表した。今後10年間で10億ユーロの研究開発支援を行い、グラフェンを戦略的な高度化に引き上げる。
2、2011年、米政府は「成長促進のイノベーションと発展戦略」の中で、グラフェンを今後の4つの重点発展の方向の一つとしている。
 
6、2014年2月26日、鴻納(東莞)新材料科技有限公司が開発・建設した世界初の千トン級グラフェン生産ラインが東莞大朗で製品化式を行った
グラフェンの発展の最大のチャンスをつかむ
 
1、2008年から2010年にかけて欧州連合(eu)はグラフェンのナノ電子デバイスプロジェクトを発表し、2013年にグラフェンを「未来の新興旗艦技術プロジェクト」に含めることを発表した。今後10年間で10億ユーロの研究開発支援を行い、グラフェンを戦略的な高度化に引き上げる。
2、2011年、米政府は「成長促進のイノベーションと発展戦略」の中で、グラフェンを今後の4つの重点発展の方向の一つとしている。
 
6、2014年2月26日、鴻納(東莞)新材料科技有限公司が開発・建設した世界初の千トン級グラフェン生産ラインが東莞大朗で製品化式を行った。
グラフェンの発展の最大のチャンスをつかむ
 
1、2008年から2010年にかけて欧州連合(eu)はグラフェンのナノ電子デバイスプロジェクトを発表し、2013年にグラフェンを「未来の新興旗艦技術プロジェクト」に含めることを発表した。今後10年間で10億ユーロの研究開発支援を行い、グラフェンを戦略的な高度化に引き上げる。
2、2011年、米政府は「成長促進のイノベーションと発展戦略」の中で、グラフェンを今後の4つの重点発展の方向の一つとしている。
 
6、2014年2月26日、鴻納(東莞)新材料科技有限公司が開発・建設した世界初の千トン級グラフェン生産ラインが東莞大朗で製品化式を行った。